読書・観劇記録、音楽メモを中心とした備忘録ブログです。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
RECOMMEND
松本隆/風街図鑑~風編~
松本隆/風街図鑑~風編~ (JUGEMレビュー »)
オムニバス, 原田真二, 薬師丸ひろ子, 松田聖子, 近藤真彦, 太田裕美
1曲ごとに寄せられた本人コメントが面白い。思い入れの濃淡に思わずほくそえんでしまう。
RECOMMEND
松本隆/風街図鑑〜街編〜
松本隆/風街図鑑〜街編〜 (JUGEMレビュー »)
オムニバス, 大滝詠一, はっぴいえんど, 松田聖子, 鈴木茂, 竹内まりや
氏のお気に入りの楽曲を中心に選曲。思わぬ邂逅がうれしい。
RECOMMEND
pal@pop
pal@pop (JUGEMレビュー »)
pal@pop
ケミカルなんだけどナチュラル。一度聴いたら病み付きになる名盤です。
PROFILE
SEARCH
MAIL FORM
QR CODE
qrcode
COUNTER
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
1789 −バスティーユの恋人たち− / 宝塚歌劇月組
噂のフランス産ミュージカル、観て参りました。1789年のフランス革命を王宮側からと民衆側からの双方の視点から描かれていました。
まず観終えて思ったこと・・・、トップコンビが全然カップルじゃなかったよ! それどころか一緒に舞台の上に場面が少ない・・・。
アントワネットの子供の養育係のオランプと龍さん演ずるロナンはキスシーン、覚えてる限り2回もありましたけれども。
どう考えても娘役トップに役をあてるにはオランプだよなー、とは思うのですが、アントワネットも見せ所は多くて、役としては路線だけど別格という難しい感じになっているように感じました。
来年の東宝版では、アントワネットが女帝花總まり、オランプが神田沙也加と夢咲ねねのダブルキャスト。おお、なんとしっくりくる配役!
宝塚で言えば、アントワネットは専科のトップ娘役がやればいいんですね。もしくは轟悠さんが今更女役でアントワネットをやればいいんですね。いややはりそれは無理があるか・・・。じゃあ、別格主演娘役というものがあればいいんですね。そんな悪ふざけも考えてしまいます。

オランプが役替わりというのも、トップ扱いの役を分散させて色々経験させようという劇団の思惑なのでしょうか。
愛希さん演ずるアントワネットはとても美しくて、浪費癖のあるわがままかつ孤独な女性で、フェルゼンとも禁じられた恋をする・・・奔放さが描かれながらも、革命が起こっても亡命せずに、夫と子らとともにフランスに残ることを選ぶという決断を下すという成長ぶりも描かれている。好演だと思います。
他に目に飛び込んでくるキャラクタといえば、美弥るりかさん演じるアルトワ。悪役でちょっとクネクネした雰囲気を醸している。おいしい役どころです。髪型もウェイビーで愛すべき悪役です。
音楽も魅力的です。ポップな打ち込みのリズムの曲もあったり、特徴的なダンスフォーメーションに載せて歌われる曲もあったり、個性的なメロディーがどの曲でも光っていました。フレンチ・ロック・ミュージカルと称しているだけあって、楽曲も力強いものが多くて大変面白かったです。
| coutaca | ステージ | comments(0) | trackbacks(0) |
黒豹の如く/Dear DIAMOND!!―101カラットの永遠の輝き― / 宝塚歌劇星組
宝塚五組のなかで今一番客を呼べる星組の大人気トップスター・柚希礼音とトップ娘役・夢咲ねねのサヨナラ公演。
イープラス貸切で、B席最前列で見せていただきました。まず、柚希さんの声が倍音だったのにびっくり。凄く深みのある台詞回し。私が前に星組を見たのがなんと「愛するには短すぎる」初演。ご縁がしばらくなかったのです。そのときのちょっと悪いワイルドな輩が印象に残っています。そのときのショー「ネオ・ダンディズム」で上級生を飛び越して、湖月わたる、安蘭けいと柚希の三人が中心になった場面も忘れられないです。三番手、つまり湖月わたる退団後は二番手として組を支えていくのか・・・! と思ったものでした。
それから短くはない時間が経った訳ですが、歌声も芝居もダンスも存在感もトップスターとして申し分ない。むしろスターとしての輝き、求心力も自分のものにして、舞台を魅力的なものにしているなァ、と思いました。
二番手の紅ゆずる、三番手の真風涼帆もそれぞれの持ち味で活躍して、壮観な男役のトライアングルをつくりあげていたのも大きな魅力の一因ですね。
続きを読む >>
| coutaca | ステージ | comments(0) | trackbacks(0) |
ルパン三世―王妃の首飾りを追え!―/ファンシー・ガイ! / 宝塚歌劇雪組
宝塚らしからぬ原作まんが/アニメを舞台化するということで、しかも宝塚大劇場でも好評だったということで、ほくほくしながら日比谷に向かいました。
新トップスター男役・早霧せいなと、娘役・咲妃みゆのふたりのお披露目公演。
ルパン三世の軽妙なお調子者ながら、決めるところは確実に決めるキャラクタを、早霧さんは飄々と演じていました。役作り大変だったろうなー、とは思わせない板のつき方。見せないけれど、努力しなければあのかっこよさをものにすることはできなかったでしょう。
観劇したのが3月3日だったためか、劇中のアドリブが3回以上は「ひな祭り」ネタでした。
物語もちょっとしたフックのあるハッピー・エンドでよかったです。
トップコンビが恋愛関係にない(ふたりが憎からず想っていることは解るけれども)のはちょっと物足りないかな。

ショーは・・・舞台の真ん中を見ていることが多かったです。銀橋渡るスターがいればそこを見て。
正直言って若手の生徒さんがたの顔と名前がほとんど一致しない状況で、華やかさを全体で感じるだけの鑑賞となってしまいました。
オペラグラスを使う術も拙く、まだまだ私も精進が必要です。

とにかく、タカラヅカ101周年の大劇場1作目として、芝居とショーの2本立てで「タカラヅカ見たわー」な多幸感を味わうことができました。
| coutaca | ステージ | comments(0) | trackbacks(0) |
一夢庵風流記 前田慶次/My Dream TAKARAZUKA / 宝塚歌劇雪組
前田慶次と愛馬・松風に目を奪われまくった。馬の中の人は松竹から派遣されたかたとのこと。そういえば私事になりますが、中学の頃、卒業生を送る会の送る側の見せ物で馬の中の人をやっていました。今思い出した。
それはともかく、今回の公演は未涼亜希をとにかく追いかけるのに夢中だった。トップコンビのサヨナラ公演なのだから、そちらを見ればいいのだけれど、なぜか未涼亜希という小柄な男役スターのラストを見逃せなかった。
トップスターになれるか、なれないか、それは実力だけじゃなく運とか、その他のパワーバランスや大人の事情で決まる。宝塚は実力勝負だけど、実力だけでも頂点に達することはできない。
未涼さんにはトップになってほしかったなァ。詮無いことを思ったりする。それでも時は流れ、新しい人材が訪れ、また一時代を築いていくのだろう。その渡されたバトンがどこまでも続いてゆけばいいな。そう思う。
 
| coutaca | ステージ | comments(0) | trackbacks(0) |
TAKARAZUKA WAY TO 100 ANNIVERSARY FINAL DREAM, A DREAM
思いがけなく宝塚のOG公演という特殊な催事を見にいってしまいました。
会場は渋谷ヒカリエの中にある東急シアター・オーブ。新しい劇場ということで、ロビーがきれいだった。見晴らしが良くてね。
客層はやはり女性が大半なのだけれど、男性も思ったより多かったように思います。
続きを読む >>
| coutaca | ステージ | comments(0) | trackbacks(0) |
愛と革命の詩―アンドレア・シェニエ―/Mr. Swing! / 宝塚歌劇花組
そろそろ蘭寿とむも卒業が近いだろうから見ておこうと思って何気なくチケットを確保したら、東京公演の開幕直前に退団が発表されてしまった。
宙組時代に「カサブランカ」を見て、第一期花組時代の「落陽のパレルモ/Asian Wind」も見たし、役付もよくて名前と顔と役が把握できている数少ないスターのうちの一人でした。アジアンウィンズでは女装姿に噴きそうになったり、パレルモのほうでは銃撃されて華麗に死ぬシーンがインパクト大だったり。
退団は残念な気もするけど、蘭寿さんも年齢的なこととか組の新陳代謝の都合とか考えると、しょうがないのかな、とも思ったりします。後任の明日海さんの活躍に期待しています。

芝居、ショーと通して特筆すべきことといえば、望海風斗さんの歌声の素晴らしさ!蘭寿さんと女装した若手(中堅?)男役のデュエットダンスを包み込むように歌いあげるその声・・・。
コンサートだ!
コンサートをやってくれ!
たとえば、春野寿美礼、瀬奈じゅん、柚希礼音、蘭寿さんみたいに、単独スポットライトを浴びるような、コンサートをやってくれ!
ということをワールドワイドウェブの片隅で呟いてみる。しかし、単独コンサートってトップスターしかやらないよな。やれるまで望海さんがんばってくれるかな。期待しています!
| coutaca | ステージ | comments(0) | trackbacks(0) |
ルパン/Fantastic Energy / 宝塚歌劇月組
久々の観劇。いつもの通り末席での、オペラグラスなしの鑑賞なので、生徒の区別がつきにくいことこの上なし。
トップスターの龍真咲は分かる。金髪が目立ってた。二番手格の専科からの特出、北翔海莉も分かる。トップ級の扱いで黒髪のほうが北翔さんね。でもそれ以外がね・・・、凪七瑠海はアゴが小さいのでそれが印象的で分かるんだけど、ほとんど区別がつかないのでした。
中堅路線スターが分からない。組替えがあって出入りが激しく、トップより学年が上の路線スターもいるし、4人くらいいるのですよ。ちなみに路線というのはトップ候補生のことで、新人公演で主演をしたことがある生徒のことを言うんだと思います。例外もあったりするので、トップ制度もなかなか難しいもんです。
続きを読む >>
| coutaca | ステージ | comments(0) | trackbacks(0) |
四角関係 / 劇団NLT

於:博品館劇場

お席が非常によろしかったので、ストレスなく迫力満点で山口馬木也さんの色男コメディアンぶりを堪能させていただきました。
海外の古い原作を現代版に潤色されていて、演出もなかなかよろしかったのではないでしょうか。
とにかく山口さんファンにはたまらない作品でしょうね。硬軟自在、かっこよかった!

| coutaca | ステージ | comments(0) | trackbacks(0) |
REMASTER / TM NETWORK
於:日本武道館
2007年12月3日

1か月以上も前のライブの感想などを今更アップするのもどうかと思いましたが、書いちゃったしアップすることにします。年の初めから時間軸がずれてる気がしますが、お許しください。

前回TMのライブに行ったのが、2004年の20周年記念ツアーの横浜アリーナでした。そのときに、かなり不完全燃焼だったことを思い出しつつ、ネット界隈で漂う情報を拾いながら当日を迎えました。2004年のときは、まだ小室氏がトランス方面へ傾倒してまだこちら側に帰ってこれてなかったようで、アレンジも個人的にはいまいちノリづらいライブだったこともあり、チケットを確保する際にはそんなに期待していなかったのですが、事前情報が(わたしにとっては)かなりよさげなものだったので、ワクテカしながら会場へ。

日本武道館。
日の丸の旗の下でどんなステージをみせてくれるのか、その光景を見るだけで、興奮してくる。

始まってすぐに思ったのは、宇都宮氏のボーカルのちょっとした異変。甘ったるいというか、若すぎるというか、これまでの宇都宮氏のボーカルスタイルとはちょっと違うんじゃないか、ということ。しばらく経っても違和感が拭えませんでした。
それでも何が何でも見まごうことなきTM NETWORKのステージ。いわゆる全盛期の楽曲と最新アルバム収録曲で構成されていて、前回以前の再始動時の楽曲「IGNITION, SEQUENCE, START」、「10 Years After」、「SCREEN OF LIFE」などは無視された格好になってしまいましたが、それでも楽しくノラせていただきました。
小室氏もミキサー卓いじり一辺倒から、手弾きしてくれるようになった(と個人的に思うだけなのかもしれませんが、なんとなく印象としてそんな感じがしたのです)のがうれしい限り。
「TIME TO COUNT DOWN」のイントロの早弾きもテンションをあげてくれる一因に。

でもまだ、アルバムは聴けていません。木根さんの曲が満載ということで楽しみは後にとっておこうかなぁ、と思って。「N43」はとても素敵なクリスマスソング、ウィンターソングですし。
あと、敢えて言ってしまうなら、「Welcome Back 2」の歌詞の「過去の楽曲のタイトルを羅列する」というちょっとアレなセンスだけは勘弁してくれと思った。こういう歌詞のはめかたをするくらいなら、小室みつ子女史にお願いしたりすればいいのに!
続きを読む >>
| coutaca | ステージ | comments(2) | trackbacks(1) |
明智小五郎の事件簿─黒蜥蜴/TUXEDO JAZZ / 宝塚歌劇花組
於:東京宝塚劇場

「黒蜥蜴」
久々の宝塚観劇・・・といっても半年ぶりなんですが。相変わらず末席で、しかもオペラグラスを持たずに観劇したので、顔の判別が難しい。
美輪明宏主演の三島由紀夫脚本のバージョンを知らないのでなんともいえないのですが、ちょっとあまりいい出来栄えとは言いがたいのは事実。
いわゆる男役トップと娘役トップのコンビのラブストーリーという王道からはかなり外れてしまっていて、そういう意味では宝塚としては異質な作品だとは思います。

男役トップの春野寿美礼さんも歌声は癖のある深い声質なので割りとすきなのですが、あまり魅力を発揮し切れていないように感じられました。春野さんもトップとしては割と長く君臨されているので、そろそろ後進の真飛聖さんにバトンタッチしそうな感じらしいですね。

「TUXEDO JAZZ」
芝居でも解らなかったのだけど、ショーではさらに誰が誰だか解らない・・・。やっぱり前のほうの席で見ないとオペラグラスなしの観賞は厳しいですね。
ところで、八代鴻さんの歌声を聴くと、背筋が伸びますね。とにかく色っぽいし艶っぽいし貫禄も充分で。
でも、同じ演出家だった「タランテラ!」と比べると個人的には少々物足りない感じもしました。
| coutaca | ステージ | comments(0) | trackbacks(0) |
<new | top | old>