読書・観劇記録、音楽メモを中心とした備忘録ブログです。
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
RECOMMEND
松本隆/風街図鑑~風編~
松本隆/風街図鑑~風編~ (JUGEMレビュー »)
オムニバス, 原田真二, 薬師丸ひろ子, 松田聖子, 近藤真彦, 太田裕美
1曲ごとに寄せられた本人コメントが面白い。思い入れの濃淡に思わずほくそえんでしまう。
RECOMMEND
松本隆/風街図鑑〜街編〜
松本隆/風街図鑑〜街編〜 (JUGEMレビュー »)
オムニバス, 大滝詠一, はっぴいえんど, 松田聖子, 鈴木茂, 竹内まりや
氏のお気に入りの楽曲を中心に選曲。思わぬ邂逅がうれしい。
RECOMMEND
pal@pop
pal@pop (JUGEMレビュー »)
pal@pop
ケミカルなんだけどナチュラル。一度聴いたら病み付きになる名盤です。
PROFILE
SEARCH
MAIL FORM
QR CODE
qrcode
COUNTER
<< ふしぎの国のミャオ / 図子慧 | main | ふたりの距離の概算 / 米澤穂信 >>
媚薬 / 図子慧
媚薬 (角川ホラー文庫)
媚薬 (角川ホラー文庫)
  • 発売元: 角川書店
  • 発売日: 2000/03
  • 売上ランキング: 1464202

 

 

マレーシアのラン園で謎の男に出会ったときから、フリーライターの磯良のまわりでは、次々と人が死んでいく。美青年、茅島に仕掛けられた妖しい罠。調べ始めた磯良の前に、異様に太った男が現れた。茅島に恋する啓子は、インターネットで手に入れた媚薬を彼に密かに飲ませるが・・・。一方、街中でも眠るように死んでいく若者が急増していた。忍び寄る自然の恐怖を描く、美しくもおぞましいファンタジック・ホラー。

これが文庫版の裏表紙に書かれた梗概。ドラッグを裏で扱うペットショップでアルバイトしている一人暮らしの高校生、龍司が出てこないのが不思議。とにかく主役級で活躍する怖いもの知らずの龍司と、磯良が合流したときのちょっとしたバディ感がよろしいです。

それにしても啓子は媚薬にすがってまでして茅島を落として妊娠して婚約まで持ち込んだのに、ねェ。

日埜戸の謎の巨漢っぷりと、様々な死体がグロテスク。ホラー文庫から出版されているものの、話の持っていきかたがミステリ風でもある。

最後までどんなふうに話が転がっていくのかが全く読めないのも一興。

茅島の性癖があからさまになるシーンや、茅島が啓子の罠にはまった休み中のオフィスでのラブシーンなど、エロティックな場面もふんだんに盛り込まれていて、退廃的なイメージを醸して素敵です。

磯良が完全に外部から探偵役をしているわけではなく、啓子と一夜を共にしていたり、ドラッグを口にしてしまい必死に吐き出したものの、体に影響を及ぼすことがないかと不安感を抱いていたり、一貫して当事者でいるところもたくさんの謎とともにストーリーを盛り上げてくれている。

それにしても、啓子がもし媚薬を使わなければどうなっていたのだろう? とか考えてしまいます。日埜戸がいるということは、会社内の誰かがきっと獲物になっていたのじゃないかと思います。ああ、媚薬、ドラッグって怖いって改めて感じ入ります。

| coutaca | 書籍(図子慧) | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |









url: http://united.jugem.jp/trackback/230