読書・観劇記録、音楽メモを中心とした備忘録ブログです。
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
RECOMMEND
松本隆/風街図鑑~風編~
松本隆/風街図鑑~風編~ (JUGEMレビュー »)
オムニバス, 原田真二, 薬師丸ひろ子, 松田聖子, 近藤真彦, 太田裕美
1曲ごとに寄せられた本人コメントが面白い。思い入れの濃淡に思わずほくそえんでしまう。
RECOMMEND
松本隆/風街図鑑〜街編〜
松本隆/風街図鑑〜街編〜 (JUGEMレビュー »)
オムニバス, 大滝詠一, はっぴいえんど, 松田聖子, 鈴木茂, 竹内まりや
氏のお気に入りの楽曲を中心に選曲。思わぬ邂逅がうれしい。
RECOMMEND
pal@pop
pal@pop (JUGEMレビュー »)
pal@pop
ケミカルなんだけどナチュラル。一度聴いたら病み付きになる名盤です。
PROFILE
SEARCH
MAIL FORM
QR CODE
qrcode
COUNTER
<< 土曜日はあなたと雲の上 / 図子慧 | main | 月曜日は、女神にララバイ / 図子慧 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
日曜日には天使とデート / 図子慧
日曜日には天使とデート (集英社文庫―コバルトシリーズ)
  • 発売元: 集英社
  • 発売日: 1990/02
  • 売上ランキング: 2117598


『土曜日はあなたと雲の上』につづくシリーズ二作目。

もうこれ、面白いよ。展開が読めない。驚愕の終盤は勿論だけど、中盤の物語のシリアスかつ大胆な運びに夢中になりました。

仙子の兄・透仙が恋に落ちてしまったことから、テレパスの能力を失ってしまった。その逢引きを追跡して相手を確かめてやれ、と仙子とその恋人にして透仙の友人である温海、仙子の親友・青葉らは最新の発信機を透仙のコートにひそませて追跡していた。その途中で、透仙は忽然と姿を消す。

姿を消した真相は思いもかけないものだけど、作品冒頭の妖精みたいなボーイッシュな女の子が仙子に手渡した青い花はとても綺麗で、女の子の不思議な美しさが最後にも現れて、透仙を助け出すことができてめでたしめでたしと諸手をあげることはできない。せつない。

透仙のテレパスも土壇場で復帰して、結果、仙子の追試で問題と解答をやりとりしてカンニングしてみせるくらいに元通りになる。

 

SFファンタジー色が強い今作。それが意外だったものの、歩くのに疲れて仙子が温海に軽く触れて、宙に浮かんで移動するくだりなど、何でもないけどふたりの蜜月っぷりが垣間見えて愉快。

次の『月曜日は、女神にララバイ』で三部作はおしまい。ピュアミントもそうだけど、短いからこそそのキャラクタや設定の魅力が遺憾なく発揮されるのかもしれない。でも惜しい。

| coutaca | 書籍(図子慧) | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |









url: http://united.jugem.jp/trackback/220