読書・観劇記録、音楽メモを中心とした備忘録ブログです。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
RECOMMEND
松本隆/風街図鑑~風編~
松本隆/風街図鑑~風編~ (JUGEMレビュー »)
オムニバス, 原田真二, 薬師丸ひろ子, 松田聖子, 近藤真彦, 太田裕美
1曲ごとに寄せられた本人コメントが面白い。思い入れの濃淡に思わずほくそえんでしまう。
RECOMMEND
松本隆/風街図鑑〜街編〜
松本隆/風街図鑑〜街編〜 (JUGEMレビュー »)
オムニバス, 大滝詠一, はっぴいえんど, 松田聖子, 鈴木茂, 竹内まりや
氏のお気に入りの楽曲を中心に選曲。思わぬ邂逅がうれしい。
RECOMMEND
pal@pop
pal@pop (JUGEMレビュー »)
pal@pop
ケミカルなんだけどナチュラル。一度聴いたら病み付きになる名盤です。
PROFILE
SEARCH
MAIL FORM
QR CODE
qrcode
COUNTER
<< 私立探偵ケイレブ・ハント/Greatest Hits! / 宝塚歌劇雪組 | main | スペース / 加納朋子 >>
雪華抄/金色の砂漠 / 宝塚歌劇花組

和モノのショーを観るのは初めて。『雪華抄』。退屈な日舞ばかりなのかな、と思いつつ観てみたら、面白い!

ロックな感じの曲に合わせて激しく踊る様は、和モノのショーとは思えないくらいぶっ飛んでいて個人的には好きな感じでした。

 

お芝居『金色の砂漠』のほうは、何故?というような幕切れでした。展開が早くてテンポもちょうどよくて、気がついたら謎のエンディング。まあ、ある意味ハッピーエンドととらえられなくもないのですが、意外だったのでびっくり。トップコンビの設定が奴隷と王女というのもインパクトがある。輿から降りるときに王女が奴隷の背中を足蹴にしてるところとか、リアリティがあって凄みもある。

とかいいつつ、随所に笑いもあってユーモラスな作品。面白かったです。

 

今回、ショーも芝居も、オペラグラスの視界のなかに頻繁に入ってきたのは水美舞斗と天真みちる。トップコンビ、花乃まりあのサヨナラ公演であるにもかかわらず、オペラ泥棒だったのはこの二人。天真みちるは芝居では恰幅のいい、王女の求婚者という設定。とっても愛らしい立ち姿をガン見してしまいました。見てると幸せな気分になれるよ! 出来れば専科に入っていつまでも見ていたいです。

水美舞斗は何となくオペラで本舞台を見たり、銀橋のスターさんたちを眺めていると、よく視界に入ってきました。真ん中よりちょっと外れたポジションだから、見つけやすいのかな。番手的に。より輝いてもっと観客を魅了してほしいものです。

 

| coutaca | ステージ | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |









url: http://united.jugem.jp/trackback/212