読書・観劇記録、音楽メモを中心とした備忘録ブログです。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
RECOMMEND
松本隆/風街図鑑~風編~
松本隆/風街図鑑~風編~ (JUGEMレビュー »)
オムニバス, 原田真二, 薬師丸ひろ子, 松田聖子, 近藤真彦, 太田裕美
1曲ごとに寄せられた本人コメントが面白い。思い入れの濃淡に思わずほくそえんでしまう。
RECOMMEND
松本隆/風街図鑑〜街編〜
松本隆/風街図鑑〜街編〜 (JUGEMレビュー »)
オムニバス, 大滝詠一, はっぴいえんど, 松田聖子, 鈴木茂, 竹内まりや
氏のお気に入りの楽曲を中心に選曲。思わぬ邂逅がうれしい。
RECOMMEND
pal@pop
pal@pop (JUGEMレビュー »)
pal@pop
ケミカルなんだけどナチュラル。一度聴いたら病み付きになる名盤です。
PROFILE
SEARCH
MAIL FORM
QR CODE
qrcode
COUNTER
<< 蒲公英草紙―常野物語 / 恩田陸 | main | 雪華抄/金色の砂漠 / 宝塚歌劇花組 >>
私立探偵ケイレブ・ハント/Greatest Hits! / 宝塚歌劇雪組

お芝居はかっちりとしたスーツを着た現代洋モノで、早霧せいながトップになってから初めてだったのではないでしょうか。ルパン三世、星逢一夜、るろうに剣心と続いたか、新鮮でした。そして、早霧さん小っちゃくて華奢!なのがよくわかりました。このディスアドバンテージをはねのけてよくトップになったなあと感激しきり。しかも大きい人が多いことで名高い宙組に配属されていたのだから大変。でも、逆に小柄だからこそできる身のこなし、それが個性として磨かれていたのかもしれませんね。

ところで雪組といえば東京公演の少し前に早霧せいな、咲妃みゆのトップスター同時退団は発表されたわけです。同期の望海風斗が二番手として控えているなか、これ以上待たせてしまうこともできなかったのだろうな、と思いました。タカラヅカという特殊な世界では、特に近頃はよっぽどのいろんな意味でのチカラがないと長期政権は維持できないでしょうし。逆に一作トップというのも舞台裏が透けて見えてしまうかのようで興醒めしてしまいます。だから、三年弱という在任期間はちょうどよいと思います。惜しい気もしますが、どんな世界にも新陳代謝は必要。タカラヅカでは特にそれが顕著に現れてしまいますが。

咲妃さんも、そんなに美人というほどではないと思いますが、佇まいや表情、仕草などの総合力でその美貌を磨いたのではないかと邪推。早霧さんの隣に並ぶ姿は可憐で、娘役トップとして素晴らしい姿です。今回のお芝居では、現代の大人のカップルを初めて観ることができて、感動しました。大劇場のお芝居ではマリーアントワネット、農村の娘、るろうに剣心の薫、と現代女性の恋愛が新鮮でしたよ。

 

ショーのほうなのですが、前半、体調が優れなくなって舞台上は観ていたものの、演者の姿を確認することができなかったので、あんまり語ることはできないのです(もともとショーを楽しめるほど組子を知らないこともあって)。

しばらくして舞台鑑賞に復帰したときに現れた、早霧サンタさんは可愛らしかったですね。

次回の『幕末太陽傳』のチケットが入手できるか、とれる自信は全くないのですが、縁があればトップコンビの最後の輝きを目に焼きつけたいと思います。望海風斗さん・・・が次期トップで当然だと信じて疑いないし、誰もが期待しています。ここでトンデモ人事なんかやらかさないですよね、劇団さん。専科から華形ひかるさんが落下傘とかありえない人事はなしにしてほしいです。望海さんのトップとしての歌声や演技を観させてください!

| coutaca | ステージ | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |









url: http://united.jugem.jp/trackback/211