読書・観劇記録、音楽メモを中心とした備忘録ブログです。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
RECOMMEND
松本隆/風街図鑑~風編~
松本隆/風街図鑑~風編~ (JUGEMレビュー »)
オムニバス, 原田真二, 薬師丸ひろ子, 松田聖子, 近藤真彦, 太田裕美
1曲ごとに寄せられた本人コメントが面白い。思い入れの濃淡に思わずほくそえんでしまう。
RECOMMEND
松本隆/風街図鑑〜街編〜
松本隆/風街図鑑〜街編〜 (JUGEMレビュー »)
オムニバス, 大滝詠一, はっぴいえんど, 松田聖子, 鈴木茂, 竹内まりや
氏のお気に入りの楽曲を中心に選曲。思わぬ邂逅がうれしい。
RECOMMEND
pal@pop
pal@pop (JUGEMレビュー »)
pal@pop
ケミカルなんだけどナチュラル。一度聴いたら病み付きになる名盤です。
PROFILE
SEARCH
MAIL FORM
QR CODE
qrcode
COUNTER
イノセント─沈む少年─ / 図子慧
イノセント―沈む少年
イノセント―沈む少年
  • 発売元: 角川書店
  • 発売日: 1997/10
  • 売上ランキング: 1241845
18年前に出版された作品とは思えぬほど、コンピュータや通信に関する描写に違和感が少ない。それが読みながら思った第一印象。
帯文に「AC(アダルトチルドレン)時代のラヴ・サスペンス」と書いてありますが、その表現はいかがなものかと思います。面白いし、最後まで惹きつけられる感じは最高なんですが。耽美的な感覚といったほうが当てはまるのではないかと。
性描写も結構ありますが、過度にエロティックではなく、あくまで乾いた描写で表現されていて、読みやすい。
物語も全体的にラフで軽い読み心地。とはいえ、世間の陰の部分も描かれているのです。裏も表もあるのが世の中。

世間知らずの天才・新免と、彼を親友という枠を超えてしまうくらい甘やかす犬飼、犬飼に振り回されながらも離れられずにいる那多。
別れて数年経った犬飼からアルバイトを頼まれた那多は、人工知能に言葉の定義や質問への返答などを行う。その人工知能にかつて自殺した教え子の“ショウゴ”と名づけた那多。
新免は勤める研究所の親会社の関係破綻によって、これまで行ってきた研究の道が絶たれてしまうかもしれない状況に陥る。
犬飼は那多と暮らしはじめるが、暗躍のために家には帰ってきたりこなかったりの生活が続く。犬飼もまた新免と同じ研究所で勤めている。

三人三様のエンディングが待っているのですが、そこはかとない退廃感はさすがの図子ワールド。最後にいくつかの真実がつまびらかにされて、幕切れとなります。でも真実ってなんだろうね、それが意味を成す場合も成さない場合もある。良い悪いとは違う層に存在する。
本書のサブタイトル「沈む少年」は、ショウゴのことで間違いないんだけれども、新免もまた「沈む少年」だったのか、と。切ない。「少年」なのだね・・・。
軽く読み飛ばすこともできるし、じっくり舐めるように読むこともできる、素敵な一冊でした。
| coutaca | 書籍(図子慧) | comments(0) | trackbacks(0) |
青りんご・毒りんご / 図子慧
ピュアミント〈3〉青りんご・毒りんご (集英社文庫―コバルトシリーズ)
  • 発売元: 集英社
  • 発売日: 1989/06
  • 売上ランキング: 691601

帯文より。

とろけちゃうよ、二人の時間。
ボクに一番大切なのは、順三郎との時間。だけど親友である綸堂の出生の秘密を探るため、ボクたちは・・・。大好評モネの青春シンフォニー。


カバーの折り返しの梗概より。

ボクは、小川モネ。かわいくも、きれいでもないけど、れっきとした女子高生(オンナのこ)。両親が離婚して祖父母(じいちゃんばあちゃん)の所にやっかいになってる。ボクのいちばん好きなひとは、順三郎。彼もボクのこと、やさしく見つめ返してくれる。そして、親友の貴子が好きなのは、順三郎のイトコの綸堂。彼もお家の事情がかなり複雑なんだ。白い層雲の下のボクらのサマータイムロマンス。結果は、涙の夕立、のち快晴!?
続きを読む >>
| coutaca | 書籍(図子慧) | comments(0) | trackbacks(0) |
狼なんかこわくない / 図子慧
ピュアミント〈2〉狼なんかこわくない (集英社文庫―コバルトシリーズ)
  • 発売元: 集英社
  • 発売日: 1988/06
  • 売上ランキング: 773106

帯文より

世の中、そんなにアマくない!
弟の百典は森の中の宇宙人に夢中。宇宙人も気になるけれど、モネは文化祭のことで頭がいっぱいなんだ!ピュアミント好評第2弾。


カバーの折り返しの梗概より

ボクこと小川モネが名門・私立白鳳高校に編入してから、はや半年、両親の離婚に落ちこむヒマもなく、今は文化祭にむけてカンカンガクガクの毎日(ボクは“生徒会役員”なのだ)。そんなある日、ひょんなことからプロの劇団を学校に呼んじゃおうなんてムボーな企画に巻きこまれてしまった(それもとんでもなくお金(ギャラ)のかかる!)。『家庭ホーカイ』ぐらいじゃ落ちこんでなんかいらんないっ!
続きを読む >>
| coutaca | 書籍(図子慧) | comments(0) | trackbacks(0) |
ピュアミント'88 / 図子慧
ピュアミント’88 (集英社文庫―コバルトシリーズ)
  • 発売元: 集英社
  • 発売日: 1988/01
  • 売上ランキング: 769603
帯文より。
モネの家族解散猶予期間(モラトリアム)! 離婚を決めた両親に「親の義務を遂行せよ」という内容の告発状をたたきつけたモネと弟の百典。

カバーの折り返しの梗概。
えっ、離婚!? 親らしいこと何ひとつしてないで冗談じゃないわ! こうなったら宣戦布告だ。連中に親の責任を遂行させてやる! てなわけで、別れる前に一年間だけ理想的な一家団らんの生活をすることを、ボク(小川モネ)と弟の百典で両親に無理やり約束させた。偽者でもいい、理想的な父と母、明るい家族生活。続ければ本物になるかもしれない。パパママ、ワン・モア・チャンス、プリーズ。    
続きを読む >>
| coutaca | 書籍(図子慧) | comments(0) | trackbacks(0) |