読書・観劇記録、音楽メモを中心とした備忘録ブログです。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
RECOMMEND
松本隆/風街図鑑~風編~
松本隆/風街図鑑~風編~ (JUGEMレビュー »)
オムニバス, 原田真二, 薬師丸ひろ子, 松田聖子, 近藤真彦, 太田裕美
1曲ごとに寄せられた本人コメントが面白い。思い入れの濃淡に思わずほくそえんでしまう。
RECOMMEND
松本隆/風街図鑑〜街編〜
松本隆/風街図鑑〜街編〜 (JUGEMレビュー »)
オムニバス, 大滝詠一, はっぴいえんど, 松田聖子, 鈴木茂, 竹内まりや
氏のお気に入りの楽曲を中心に選曲。思わぬ邂逅がうれしい。
RECOMMEND
pal@pop
pal@pop (JUGEMレビュー »)
pal@pop
ケミカルなんだけどナチュラル。一度聴いたら病み付きになる名盤です。
PROFILE
SEARCH
MAIL FORM
QR CODE
qrcode
COUNTER
巷説百物語 / 京極夏彦
巷説百物語 (角川文庫)
巷説百物語 (角川文庫)
  • 発売元: 角川書店
  • 価格: ¥ 679
  • 発売日: 2003/06
  • 売上ランキング: 28631
この巷説百物語シリーズの三作目が直木賞受賞作の『後巷説百物語』になります。
京極夏彦の小説は百鬼夜行シリーズ(関口のヘタレぶりと榎木津の奇天烈ぶりと京極堂の憑物落としの見事っぷりが楽しい俗に京極堂シリーズと呼ばれるほうです)でさえ追いかけきれていないのに他のシリーズに足を突っ込むのはどうかなあ、と手を出さずにいたのですが、ふと手に取ってしまい、面白さに感動しました。百鬼夜行シリーズは集中して読みきるには覚悟が必要なページ数なので、短編集のこの本は読みやすいですし。

小股潜りの又市、山猫廻しのおぎんら小悪党らと戯作者志望の百介の活躍が、とにかく楽しい。物語としては悲しかったり、やるせなかったり、情けなかったりはするが、人間の業の深さをミステリ仕立てにして楽しく読ませてくれます。


同じ作者の百鬼夜行シリーズが、妖怪の仕業に見える不思議な事件を科学的・論理的に解明して解決するのに対し、本シリーズは逆に人の心の綾を妖怪の仕業に仕立てることで解決するところに特徴があるといえる。

Wikipedia「巷説百物語シリーズ」より引用

読んでいても仕掛けが解らずただただ文字をたどっていると、いつの間にか妖怪の仕業にされた真相が思わず見事。
百鬼夜行シリーズほどキャラクタが立ってはいないけれども、それでも伏線のはりかたと回収の巧さはさすが。キャラクタの描写も、怪異譚に詳しいとはいえ、又市らの事件の解決に巻き込まれていく百介が個人的には好もしいです。
| coutaca | 書籍(京極夏彦) | comments(0) | trackbacks(0) |
百器徒然袋─風 / 京極夏彦
百器徒然袋-風 (講談社文庫 (き39-12))
百器徒然袋-風 (講談社文庫 (き39-12))
  • 発売元: 講談社
  • 価格: ¥ 1,140
  • 発売日: 2007/10
  • 売上ランキング: 16292
  • おすすめ度 4.0

探偵・榎木津礼二郎の活躍するクレイジーながらも痛快な探偵小説。文庫版のあらすじには「調査も捜査も推理もしない、天下無敵の薔薇十字探偵、榎木津礼二郎。過去の事件がきっかけで榎木津の“下僕”となった「僕」は、そのせいで別の事件にも巻き込まれてしまう。探偵を陥れようと、張り巡らされた罠。それに対し、榎木津の破天荒な振る舞いが炸裂する!」という調子。
前作「雨」に続く第二弾。
続きを読む >>
| coutaca | 書籍(京極夏彦) | comments(0) | trackbacks(2) |